粉ミルク・哺乳瓶・乳首の準備!完全母乳育児でも一応準備しておこう。乳アレルギー発症した時の粉ミルクは?

粉ミルク・哺乳瓶・乳首の準備!完全母乳育児でも一応準備しておこう。乳アレルギー発症した時の粉ミルクは?

 

 

こんにちは!プレママです。

 

妊娠中に悩むことはたくさんあるけれども

一番に悩んでしまうのは「母乳」か「粉ミルク」か。

 

プレママは

完全母乳で育てたいけれども、もし出なかった時の事も考えて

粉ミルクを準備しておきましたが、

粉ミルクも哺乳瓶も色々ありすぎて分からない

 

そんな妊婦さんへ、私が一人目育児の時に選んだ

オススメの粉ミルクと哺乳瓶、乳首を紹介します。



完全母乳育児希望でも、粉ミルクの準備は必要!選ぶ条件は?

 

プレママは完全母乳育児を希望していましたが

粉ミルクをあらかじめ準備しておくように産院から言われていました

 

理由が、

・出産後の入院中に、お母さんが助産師さんに赤ちゃんを預けて休めるように

パパも育児に参加出来るように

・もし出にくかったり、ちょっと足りないって時に足せるように

・産まれた時から母乳だけだと、いざという時にミルクを拒否してしまうから

 

ゆくゆくは完全母乳への移行が目標で

最初は粉ミルクと母乳混合でやったほうが気持ちが楽になります。

 

出産前から粉ミルクを産院に預けるように言われていたので、妊娠中から準備しました。

プレママが粉ミルクを選んだ条件は

 

「母乳に近い」

「ラードが入ってない」

「溶けやすく、ダマになりにくい」

「信頼出来るメーカー」

 

驚いたのが、粉ミルクってラードが入ってるメーカーがほとんどなのです

ラードって中華とかでよく使う、豚の脂身ですね。

 

新生児にラード?

コンビニ飯、ファストフード…と思い浮かんでしまい、何か嫌だ!と思ったのでラード抜きで探します

 

成分も味も母乳に近いし美味しい!信頼出来るオススメ粉ミルク 和光堂「はいはい」

 

私が選んだのは、和光堂の「はいはい」

和光堂は有名なメーカーですね

お値段も810gの大缶で2000円以内・リーズナブルで買いやすいです。

1917年から育児用ミルクを作り続けている信頼出来るメーカーで

試行錯誤を繰り返し出来上がった粉ミルクなので

色んな配慮がされています。

 

初乳に多く含まれるラクトフェリンが多く配合

・新生児期の発育に大切なDHA・アラキドン酸配合

・母乳の成分に近づける為にガラクトオリゴ糖、母乳に含まれるビオチンを配合

母乳に含まれないβ-ラクトグロブリンを低減し、赤ちゃんの負担を軽減

・粉溶けが凄く良く、哺乳瓶の底に残らずダマにならない

・泡立ちづらく、赤ちゃんも飲みやすい

 

3ヶ月頃の母乳が安定するまでは共に使っていましたが、便秘も下痢もミルク拒否も無く

凄く使いやすかったです。

 

よく母乳だけ飲んでミルクは拒否する子が多いと聞きますが

うちの子はミルクをあまりにもゴクゴク飲むものだから、母乳と味を比べてみました(笑

味もほんのり甘く、優しくて美味しいです!

色も香りも味も母乳に近いし…これは良い。

 

プレママ娘が生後5ヶ月・離乳食開始後に乳アレルギー発症!いつアレルギー発症してもおかしくない。

 

生後3ヶ月以降は完全母乳に移行し、開封済みの余った粉ミルクは

朝のコーヒーに入れたりして消費しましたが、

未開封の粉ミルクを開けるのもなんだか・・・次の子の予定もわからないし、もったいない…

ということで、5ヶ月後半から離乳食を開始し、粉ミルクを使ったメニューをあげてみました。

 

食べてすぐ泣き始め、口の周りが赤くなってきた!全身痒い痒いとボリボリ。

病院で採血検査をし、乳アレルギーが判明しました。

5ヶ月過ぎて発症は珍しいようですが

今まで大丈夫でも、急に発症してしまう事もあるようです…これは大人でもありえる事。

 

そういえば、授乳中に鉄分対策で

毎日低脂肪牛乳を飲んでいたのですが

それが原因なのかなぁ…

 

プレママも体調悪い時に無調整牛乳飲むと

お腹下すなぁ…私も軽いアレルギーなのかも。

気をつけよう。

 

そんな乳アレルギーの娘でも飲めて、かつラードも入っていないミルクを探したところ発見しましたよ!

 

乳アレルギー完全対応・新生児から飲める大豆由来の粉ミルク 和光堂「ボンラクトi」

 

他にもアレルギー対応ミルクを出してるメーカーはありますが、

やっぱり信頼の和光堂!

大豆由来で作られた、牛乳成分の一切入っていない粉ミルク「ボンラクトi」

 

乳アレルギー対応ミルクは軒並み値段が高いのに対し、ボンラクトiは安い!

360gの小さい缶しかないのですが、1000円前後で販売されています。

 

・物油脂を使用し適切な必須脂肪酸バランスに調整

デキストリン、オリゴ糖、ぶどう糖をバランス良く配合

 

赤ちゃんに必要な栄養素も十分入っています!

溶かす時に少しダマになりやすいですが、

たま〜に小さいダマが浮いてる程度なので

全く気にならないです。

 

プレママも飲んでみたのですが

母乳や、「はいはい」よりはやっぱりちょっとクセがあります。

娘が嫌がらずに飲むか心配しましたが…

結果、なんの問題もなく飲みました!

 

大人には少し引っかかる味と匂いでも、赤ちゃん的にはドストライクな味のようです。笑

 

今では「ミルク」と言うと、すっ飛んできて

ミルクを渡すまで泣き喚くくらい大好物になってます!

そのままフォローアップミルクの代わりにあげてもいいですし、

パンやシチュー・カレー等で乳アレルギー対応食を作るのにも使えるので

凄く便利です。

 

娘は体重が増えないスリムさんで、成長曲線の下ギリギリを這っていましたが

このミルクをあげはじめてから、顔から腹から何から何までぷっくりと丸々太ってきました!

元々牛乳成分が体に合わず、吸収されづらかったのかも?

良かったよ〜母ちゃん感激です。安心した。

 

哺乳瓶の種類紹介!素材、大きさ、それぞれの長所

 

粉ミルクはもうOK!

うちの娘はもうコップでミルク飲めるけど、新生児期はそうもいかない!

プレママは一人目の準備で

哺乳瓶を選ぶのにかなり悩みました。

 

哺乳瓶って種類が多すぎて分からないですよね…

素材と月齢で必要になってくる大きさを紹介します

 

【素材】

 

・ガラス

傷つきづらく、雑菌繁殖しづらい

やっぱり少し重い。

2〜3人予定していれば使い回せるのでオススメ!

 

・プラスチック

傷つきやすく、においが付きやすい。

軽くて持ち歩きやすいので外出時に使いやすい!

 

 

【大きさ(内容量)】

 

・20ml〜100ml以下・果汁用の小さいやつ

使うのは産院だけ…!低体重で生まれた子以外は基本いりません。

果汁飲ます頃にはコップ使えるので果汁用もいりません。

子供が1歳過ぎて、新生児期を思い出してニヤニヤしたいって人には必要 (私です。笑

 

・20ml〜160ml

0〜3ヶ月頃まで、完全母乳育児目指すならこれ一本で大丈夫!

大は小を兼ねる!けれども

これより大きいのだと、量を飲まない時期が大変に。

 

ミルク作りも洗うのも消毒も

飲んでる間持ってる体制維持ダルいし、全てが超面倒くさい作業になります。

この大きさでも新生児期は計量面倒だけれども

飲む量がすぐ増えるので問題ないですよ!

 

3ヶ月以降は完全母乳、現在は1歳2ヶ月で

離乳食完了しましたが、オヤツであげる1回のミルク量が100ml(1日に3回)ですので

哺乳瓶にストロー突っ込んでミルク飲ませてます

 

次の子にも新生児期から使えるし、大活躍です。

・20ml〜240ml

3ヶ月過ぎて、母乳量もなかなか増えず

ミルク量が足りなくなってきたと感じたら買うべき!

妊娠中から準備する大きさではないです。

哺乳瓶の乳首はピジョンの「母乳実感」!プレママのオススメ

 

哺乳瓶でも悩むのに

吸い口の形や乳首の素材で全然違う!とか言われたら

もうどうしようもなく悩んでしまいます。

 

乳首は選択肢がありすぎて困りますよね。

なのでプレママのオススメを紹介します。

 

準備しておくべき乳首は、母乳育児であれば

「母乳実感」のもの!これオススメ!というより母乳育児なら必須!

吸ってミルクが出てくる感じや、硬さ等も

お母さんの乳首に限りなく近い作りになってます。

これを使わないと、赤ちゃんがミルク!?おっぱい!?どっちが本物!?と混乱してしまって

母乳を拒否してしまう「乳頭混乱」を起こしやすくなってしまいます。

 

プレママは最初から母乳実感を使っていたので

乳頭混乱は起こしませんでした。

 

吸い口はXとかYとか⚪︎とか色々ありますが

説明は省略…これらは大きくなってから使います。

 

妊娠時の事前準備には吸い口が⚪︎の、サイズはSSとS両方準備しておきましょう

ミルクの飲みが悪い=飲み口小さ過ぎて吸いずらい

という場合があるので

大きめサイズも持っておいた方が安心です。

 

 

 

 

粉ミルク・哺乳瓶・乳首と

オススメを紹介しましたが、まだまだ種類は沢山あります!

出産までの時間、赤ちゃんの為に準備するのは

本当に楽しいですよね!

バッチリ準備万端な状態で、赤ちゃんをお迎えしましょう♪

 

\応援ポチお願いします♪/

人気ブログランキング

 



出産準備カテゴリの最新記事