アッラー(神様)とは誰なのか No.2

NO IMAGE

12376447_564363933729939_4774738427971367227_n

 アッサラームアライクム

今回は、まずアッラーとは誰なのか。

わかりやすく書いていきます。


 


と、その前に!

この「アッサラーム アライクム」という言葉

これはイスラム教徒同士のあいさつです。

「あなたの上に平安を。」

って意味。

 

このあいさつに対して

「 ワ アライク ムッサラーム」と答えます。

「あなた方にこそ平安を。」
 

平和を願う言葉があいさつの宗教なのです。

クルアーンの中では

あなたがたが挨拶された時は
さらに丁重な挨拶をするか、または同様のあいさつを返せ。
誠にアッラーは凡てのことを清算なされる。

婦人章[アン・ニサーア] 節86

と、書いてあります。

自分だけ平安願われてどうするんだ
相手の平安も祈り返せ!

挨拶1つでも善行なんだぞ!

これも善行ポイントに加算されるからな!

*善行ポイントについては
後日詳しく説明します。

っていう事ですね。

さて「誠にアッラーは・・・」と
書いてありますね。

アッラーとはまず誰の事なのか。

前回の記事にも書きましたが

全知全能の神様です。

この神様の事を、アラビア語で

「アッラー」

と呼びます。

「ヤハウェ」

とも、

「ゴッド」

とも言いますね。

なんとなく気づいた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、

キリスト教、ユダヤ教、イスラム教は
すべて同じ神様を崇拝しています

ただ神様のお告げを聞いた時代と人
違うだけなんですね。

この神様のお告げを聞いた人を
「預言者」と言います。

最初にお告げが下ったのはユダヤ教

預言者が複数いるので書ききれませんが

有名なのは、モーセ

モーセ海を真っ二つに割って

人々を助けましたね。

次にキリスト教

もちろん、イエス・キリスト

十字架に張り付けられ処刑されましたが

処刑から3日後、復活を遂げます。

最後にイスラム教

ムハンマド という順番で

神様がお告げを下しました。




ノアの方舟物語、ご存知ですか?

大昔、人間たちがアッラーのありがたみを忘れ

やりたい放題になり地上が荒れてしまいました。

そんな中でもアッラーを信じ
教えを守る善人、ノアという名の人がいました。

ある日、神様のお告げを聞きます。

そのお告げ通りに動物のつがいを
大きな方舟に入れ、

無事大洪水を生き延びる事が
できました。

映画にもなりましたね。

ノアにお告げを与えた神様

そう、アッラーです。

もちろんノアも預言者。

なんとなくアッラーが誰なのか

わかってきたのではないかと思います。

アッラーが最後にお告げを下したのが
ムハンマドであり、
そのお告げを一冊にまとめたのが

クルアーン

なのです。

次回はクルアーンについて。

では。

\クリックお願いします/
  
宗教 ブログランキングへ

 

イスラムって?カテゴリの最新記事